« vol.5 婚期を10年遅らせた摩周湖 2014/10/30配信 | トップページ

2015年1月19日 (月)

vol.6 自分専用用語を使っていませんか? 2014/10/31配信

3週間くらい前に、ちょっとした出来事がありました。

年に何回かお取引のある会社の方からのお電話です。

その前にご注文書を頂いており、
ある商品の10月納入分と、と11月の第1営業日納期の、
月をまたいでの分納のご指定でした。

(注:弊社がある商品を仕入れて、そのままお客様先に販売します)

先方様「あとの200個は11/4納期ですが、検収は11月になりますか?」

私  「11/4納期でしたら、弊社の出荷は10/31になりますので、
   10/30までには検収は完了させますが、それが何か?」

先方様「あとの200個は、10月ではなく、11/4の検収になりますか?」

私  「あとの200個は、11/4に御社にお届けします。多分午前中に着きます。
       ただ、いつ検収されるかは御社の問題で、弊社ではわかりかねますが・・・」

先方様「10月の検収になるのか、11月の検収になるのか、どちらになりますか?」

私  「もし、検収という言葉が、10月のご請求になるか、11月のご請求になるか、
   という意味でしたら、弊社は納品日基準ですので、11月になります。」

先方様「11月の検収になるのですね?」

私  「はい。11月のご請求に入れさせていただきます。」

「検収」とは、納入品が発注どおりか検査して受け取ることですが、
このお客様は、「請求」の意味で使っておられます。
検収しないと受領できずに、支払いも発生しませんからね。
出荷日基準のご請求になるか、納品日基準のご請求になるか、
確認されたかったのですが、完全に言葉の意味を誤解されたままでした。

私自身も、つい、やってしまいます。

納入先の購買部門の方に
私  「10月の納入金額は△△円位を見込みます」
先方様「仕入れ、ね。」

こちらから見ると納入ですが、先方からは仕入れな訳です。

お客様視点、とはよくいわれるマーケティングの基本ですが、
なかなか他人の立場には立てません。
それに、人はみな、一人一人の辞書が違っています。

この言葉はこういう意味だ、と勝手に思い込んで
疑いもしない状態だと、になっています。

■自分専用用語を使っていないか?

せめて、その言葉が相手に届いているものかどうかは、
会話しながら、気付きたいですね。
思い込み、というのが、一番やっかいですから。

ではでは。


« vol.5 婚期を10年遅らせた摩周湖 2014/10/30配信 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599754/61001269

この記事へのトラックバック一覧です: vol.6 自分専用用語を使っていませんか? 2014/10/31配信:

« vol.5 婚期を10年遅らせた摩周湖 2014/10/30配信 | トップページ